hera-tanishi  好奇心旺盛な多趣味人

イワナ釣り フライフィッシング テンカラ 源流キャンプ釣行
狩猟 罠(ワナ)猟 空気銃猟 エアライフル S510 CROWN
タナゴ釣り ヘラ鮒釣り 自然散策  バーディング
刃物 メカ 材料・熱処理・加工・機械系生産技術エンジニア
石川県在住 還暦超え 男性
『忘れられない程度にブログ更新します』

最近の投稿

Read Article

【レギュレータ付きPCPエアライフル_良い点・悪い点・注意点】:FX_クラウン_6.35mm

【レギュレータ付きPCPエアライフル_良い点・悪い点・注意点】:FX_クラウン_6.35mm

私が所持している2丁のPCPエアライフルのうち エアアームズ_S510_5.5mmにはレギュレータが付いていませんが 2019年度猟期から実猟投入しているFX_クラウン_6.35mmにはレギュレータが付いています。

実猟でこのクラウンを使用して いろいろなことが確認できたので、 レギュレータ付きエアライフルの良い点、悪い点、注意点をまとめてみました。

 

 

レギュレータとは

 

PCPエアライフルに装着されているレギュレータはエアータンク(ボトル、チューブ)からの圧力を『セットされた圧力に減圧する装置』のことです。

銃という限られたスペース、小型軽量化のため コイルバネでは無く『皿バネ(ディスクスプリング、ベルビルスプリング)を使ったピストンタイプ』のものが一般的です。

また レギュレータはセット出来る圧力の範囲が有ります、クラウンの場合は55~150barです。

 

(FXAIRGUNSのホームページのSUPPORTより
クラウンのパーツリストの抜粋。no27がピストンです、皿バネは省略されています)

 

 

プリナムとは

 

 

レギュレータ付きエアライフルで重要な要素は『プリナム(PLENUM:プレナム、2次室とも言う)』です。

プリナムとはレギュレータでセット圧に減圧されたエアが溜まっている空間のことです、すなわち『レギュレータ(エアがある空間)からファイヤーバルブまでの体積』です。

(プリナムが何ccあるかは 殆どのエアライフルメーカ、レギュレータメーカは公表していません、クラウンは25~30ccと言われています)

 

尚 レギュレータが付いていないエアライフルにはプリナムは有りません、エアタンクの圧力がそのままファイヤーバルブにかかっています。

 

 

1発発射する際のエアのエネルギーは温度が一定なら圧力と体積(吐出量)で決まります 同じレギュレータ付きエアライフル(プリナムが同じ)で 口径が大きいと大きなエネルギーが必要なため レギュレータのセット圧を上げるのは このためです。

但し セット圧を上げるだけではパワーアップに限界が有ります、プリナムを増やす必要が有ります。(もちろんハンマー重量、ハンマースプリングテンション、ファイヤーバルブ径も関係します)

 

また 同じペレットで同じ弾速でも銃によってレギュレータのセット圧が異なるのは このプリナムが異なる(プリナムが大きいとセット圧を下げることができる)か、ファイヤーバルブからブリーチまでのエアの流路抵抗が低い(効率が高い) ことが考えられます。

 

 

例えばマタドールやクリケットはクラウンよりプリナムが大きいか流路抵抗が少ない銃と思います。

⇒レギュレータ圧130bar 6.35mmの25.4grで950fps、クラウンだとこのセット圧では無理。

 

 

海外ではクラウンのブリーチブロック(機関部)のファイヤバルブ周辺を機械加工で広げてプリナムを増やしてハイパワー化改造(スラッグ対応)も行われているようです。

 

 

 

大きなプリナムはハイパワー化対応だけでなく 通常のパワーのエアライフルの弾速の安定化に有用です。

 

2020-1-29追記) FXのドリームライン_チューブタンクタイプに17ccの追加プリナム(POWER_PLENUM)が海外で販売されています(インパクトMK2は既に追加プリナム付で販売されています)。
ドリームラインの場合 出力は1.5倍になるそうですが、パワーアップするより セット圧を下げて弾速を安定化した方が良いと思います(発射弾数も増加します)。

 

 

 

 

 

 

 

良い点

 

 

レギュレータ付きエアライフルの良い点下記です。

 

 

・安定した弾速で弾数が撃てる。一般的なエアライフルだと安定しているのは15発程度ですが、その3倍以上撃てる。

 

・エアの充填頻度が減る、射撃場で非常に多くのペレットを消費する方以外はハンドポンプで十分と思います。

 ⇒ハンドポンプで充填するメリットが大きい。但し水分除去機能付ポンプ(ヒルポンプ)をオススメします。

 

 

私は166cm 57kg 還暦過ぎのジジイですが クラウンにハンドポンプで充填するは 特に苦では有りません。

 

 

 

 

悪い点

 

 

レギュレータ付きエアライフルの悪い点は下記です。

 

・レギュレータの部品点数が増え 故障のリスクが増える。皿バネのへたりや水分による錆び、運動するピストンのOリングの損傷、ピストンのシールの損傷 等考えられます(私の場合は自分で修理します)。
⇒今後レギュレータそのものがO-リングと同様に消耗品になっていくのではと思います。(水分でレギュレータの劣化が進む

 

 

・レギュレータ無しのPCPエアライフルは一般的には160~180barで安定した高い弾速が出るが レギュレータ付きの場合のセット圧は100~150barと低く、
この圧力に合わせてハンマー重量やハンマースプリングテンションを下げているので 一般的には弾速が落ちる。

⇒5.5mm(15.9gr)や6.35mm(25.4gr)口径では 900fps程度の弾速にセットしている銃が多いが、100m以上の遠射の場合は950fps程度まで上げたい。

 

 

 

 

 

 

注意点

 

 

 

レギュレータ付きエアライフルで注意すべき点は下記です。

 

射撃時の【初弾が安定しない】

この対策は『射撃前に数発程度 空撃ち』してレギュレータがセット圧になったことを確認する。

 

射撃場で連続して射撃しているとレギュレータ圧は安定しているが しばらくほっておくと数bar レギュレータ圧が上がります

このため この状態で射撃すると初弾の弾速が安定しない、一般的には弾速が下がる⇒実猟で初弾が外れる場合が有る。

 

 

普段のレギュレータ圧(セット圧)

 

しばらく置いておくと(5bar程度上昇します)

注)今後圧力計を換えて圧力を再確認予定です

 

 

 

 

原因はレギュレータのピストン部のシール部から僅かにエアが漏れるためです、空気銃のレギュレータはセット圧以上に一度上がってしまうと元のセット圧に戻れません、

これはレギュレータの応答性、セット圧の安定性等の性能 構造的なもの、皿バネやピストンのシール部なじみ、部品精度のバラツキ等、(当然ですが個体差有ります)によります、

また理論的には セット圧が低いほど この現象は起きにくいです(低いセット圧は強いスプリング力が必要なため調圧力とシールの密閉力が高い)。

また 銃の保管時の温度変化(高い→低い)でレギュレータ圧が上がってしまう、 特にエアタンク(ボトル)とプリナム(温度変化を受けやすい)の温度差で微妙な圧力差が発生する、

圧力計の誤差や反応性の悪さによることが考えられます。

とにかく温度変化には敏感と言えます。

 

 

 

 

 

 

・連続射撃はワンテンポおく

射撃場で連続射撃する際 発射する間隔は気持ちワンテンポおいた方(数秒)が弾速が安定します。

これはレギュレータの応答性もありますが プリナムに入ったエアをなじませる(すみずみまで温度・圧力を均一化)ためです。

 

 

 

 

 

 

・レギュレータのセット圧は変更できるが やり方も間違えるとレギュレータを壊してしまう、

調整する際は それなりの精度の圧力計が必要です(一般的に銃の圧力計は精度、応答性の点で信頼性が低い)。

 

 

・レギュレータのセット圧以下で射撃しない

レギュレータを傷める可能性が高いです、高い圧力を低い圧力にする機構しか持っていないため。

 

 

・エアライフルを保管する場合 エアタンク(ボトル・チューブ)圧はレギュレータ圧より高い状態にする。

レギュレータ圧より低い圧力で長期間保管するとレギュレータを傷めます。セット圧にもよりますが基本は150bar以上で保管する。

 

 

 

 

 

最後に

 

レギュレータ付きエアライフル 上記で説明したとおり 良い点 悪い点、注意点が有ります。

射撃の技術がそこそこ有って 鳥撃ちがメインならレギュレータは不要と思います、鳥撃ちで1日に数十発も射撃することは有りません、初弾が最も重要です。

射撃場で多くペレットを消費する方(初心者含む)、止め刺しがメインの方は圧倒的にレギュレータ付きが良いです。

⇒レギュレータ付きPCPエアライフル+ハンドポンプ(水分除去機能付のヒルポンプが実用的にも お財布にもやさしい オススメできる組み合わせと思います。

以上 自分自身のスタイルに合わせて選択して下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top