hera-tanishi  好奇心旺盛な多趣味人

イワナ釣り フライフィッシング テンカラ 源流キャンプ釣行
狩猟 罠(ワナ)猟 空気銃猟 エアライフル S510 CROWN
タナゴ釣り ヘラ鮒釣り 自然散策  バーディング
刃物 メカ 材料・熱処理・加工・機械系生産技術エンジニア
石川県在住 還暦超え 男性
『忘れられない程度にブログ更新します』

最近の投稿

Read Article

新人猟師が教える【ライフルスリング:肩から外れにくくする方法】:プリチャージ空気銃

新人猟師が教える【ライフルスリング:肩から外れにくくする方法】:プリチャージ空気銃

2年目の狩猟開始に向けやっと準備を始めたhera-tanishiです。

昨年の狩猟で空気銃猟そのものの反省点や空気銃猟ギヤを改善したいと思うことが多く有りました。

その一つにプリチャージ空気銃を担いで山の中を歩き回っていると 銃のスリングが外れることが多々有り困っていました、

そこで今回は①肩から外れにくいライフルスリングの紹介と②既存のスリングにアドオンで外れにくくする方法を紹介します。

 

スウェーデン  Z-aim 社  「pro stalker rifle sling」

ヨーロッパで販売されているライフルスリングで私の意図する物を見つけました。

このスリングを販売している Z-aim 社のホームページ、 その使い方を紹介した映像(英語)です。

要するに ライフルスリングを肩から外れにくくするために スリングパットの肩の少し下あたりから斜めにベルトが出ていて、、このベルトはぐるっと腰を回って銃のグリップの後ろに繋がって銃を固定している、途中バックルが有り銃を肩から外す際に簡単に外せる 構造のライフルスリングです。

このスリング ヨーローパでは30€前後で売られています。

最初はこのスリングを個人輸入することを考えましたが、

このライフルスリングの構造を参考に 既存のスリングに【アドオンで「肩から外れにくくする機能」を追加できるベルト】を自作したので紹介します。

 

 

既存のスリングにアドオン「肩から外れにくくする方法」

既存のスリングにアドオンで肩から外れにくくするベルトの製作方法

材料は近くのホームセンターで揃えました、
30mmベルト(25mmでも可)、バックル1個、ナスカン2個(Dカンでも可)、トライグライド3個(ベルトを3箇所縫えば不要)、マジックテープ(スリングパットに追加ベルトを固定、写真は2箇所使用しているが1箇所でも可)、4mmパラコード(強度がある紐、ループを2本。1箇所は上部のスイベル、もう1箇所はグリップの後ろを固定)、制作は数分で出来ます、後は自分の体、保有しているスリングに合わせて長さを調整してください。(写真参照)

 

下記写真のベルト左側(上)
・パラコードのループ(銃の上部のスイベルに接続)ーーナスカンーートライグライド(ナスカンにベルト通して縫えば不要)ーーーートライグライドーーバックル
 途中 マジックテープでこのベルトを肩の下あたりのスリングパットに固定(1or2箇所)。

下記写真のベルト右側(下)
・バックルーーーートライグライドーーナスカンーーパラコードのループ(銃のグリップの後ろを接続)

 

このアドオンベルトを追加すると銃は肩から外れにくくなりますが、完全ではありませんので注意してください(自己責任でお願いします)、しかし従来のスリングだけよりは外れにくくなります。

これは落とすと精度が狂う可能性が高いプリチャージ空気銃のみならず 散弾銃やライフル銃のスリングにも適用でき 銃の落下による暴発を防げる可能性があります。
 また この追加ベルトはアドオンなので邪魔になる時は簡単に外せます。

以上 ライフルスリングを肩から外れにくくする方法の紹介でした、参考にしてください。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top