hera-tanishi  好奇心旺盛な多趣味人

イワナ釣り フライフィッシング テンカラ 源流キャンプ釣行
狩猟 罠(ワナ)猟 空気銃猟 エアライフル S510 CROWN
タナゴ釣り ヘラ鮒釣り 自然散策  バーディング
刃物 メカ 材料・熱処理・加工・機械系生産技術エンジニア
石川県在住 還暦超え 男性
『忘れられない程度にブログ更新します』

最近の投稿

Read Article

渓流・源流釣り【印象に残った 渓・渓魚・釣行】: 2019-2 : 『3年ぶり いつもの渓へ源流釣行(ゾーン1)』

渓流・源流釣り【印象に残った 渓・渓魚・釣行】: 2019-2 : 『3年ぶり いつもの渓へ源流釣行(ゾーン1)』

5月連休明け以降 毎週釣行しているhera-tanishiです。

私は退院から2年 いまだに食事制限と二ヶ月に一回検査通院をしていますが、体力はほぼ元に状態に戻ったので、 今回はすこしだけハードな源流釣行をしてきました。

この川 中下流部は林道が並走し釣りやすいく毎年釣行していますが、上流、源流部は川通しでしか行けません、一般的な釣り人が入る上流部までは春先山菜採りが使用する杣道(地元の方しか知らないが)が有りますが 源流部には有りません。

この源流部は私の『カーティスクリーク』です、このため私自身がかってに滝や沢との出合でゾーンを3つに分けて釣行しています、

今回の釣行は3年ぶりの「ゾーン1」です、ちなみに「ゾーン3」の最源流部の魚止滝まで行くには へつりや泳ぎは必須かつロープ(時期にもよりますが沢に慣れた方なら不要かも)が必要です、基本キャンプ釣行となります。

今回はテンカラと餌釣りの二刀流です、林道の車止に4時前に到着し4:15から薄暗い中遡行開始しました。

上流部はすっ飛ばし 目的のポイントへ テンカラで始めるも反応無いので ミミズでの餌釣りに変更 あっという間に23~25cmのイワナを5匹ゲット 今回はキープです 女房から言われたノルマ達成、腹出して 雪渓の雪の塊をソフトクーラボックスに詰めて釣行再開。

ここからは全てC&Rです。

このあたりから踏み跡はほとんど有りません。

泣き尺イワナ(29cm)をゲット

 

この淵1m以上埋まっていました、チビのみ。

 

 

一方 増えたポイントも有りました

 

今年は雪が少なかったけれど雪渓が至る所に残っています。

 

いつものポイントで26cm、このポイントは埋まっていません。

ハリを飲み込んでいるのでプライヤーで丁寧に外してリリース

 

良いポイントが連続しますが21cm以下のチビイワナばかりです。

チビにミミズを食われて消費が激しいので、ボロボロのミミズをそのまま使っていますが,
イワナは問題無く食ってきます(源流なので)。

 

ずぶ濡れになって突破、水温7℃です、寒い!

 

どうしても巻かなければならない所には かなりの踏み跡が残っていました、
複数の釣り人が入っている。

 

今回の釣行の最大魚31cmの尺イワナです、
(サイズ比較するもの有りませんが?)

 

 

このポイントも浅くなっていました。

 

27cmイワナです。

良いポイントが連続しています。

ここからもう少し釣行したところで納竿しました。

本日の釣果は23~31cmイワナ17匹+チビ多数、うち尺1匹 泣き尺2匹、23~25cm5匹キープしそれ以外はC&R。

 

ここ3年間で「ゾーン1」の大きな淵が数箇所埋まってしまったり 大石が動いてポイントが変わっていたのは残念ですが、小さなポイントですが増えた所もありました。

何よりイワナのサイズが小さいものから大きいものまでいて 渓が健全であることが分かり安心しました。

こんな源流までくる釣り人が減ったのと マナーが良くなった(リリースする方が増えた)のも有ると思います。

30年間ほとんど変わらなかった渓がここ3年で大きく変化したのはほんと驚きです、どれだけ大水が出たのだろうか?。

でも ここは私の「カーティスクリーク」であることは変わり有りません。

次の釣行はここまで釣り飛ばして この上流の「ゾーン2」を目指します。

 

 

 

帰りにこんなのが有りました。

源流釣行には爆竹やカネキャップピストルは必須ですね!

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 自分で決めた時、数だけキープ、あとはC&R かっこいいですね。私は、狩猟やキノコにしろ山菜にしろ、欲たましい自分がウロチョロしてぶれぶれです。凄い!

    • 私がC&Rするのは 単に食べるよりイワナを釣る方が好きで楽しいからです、かっこでやっているわけではありません、海と違って魚の生産性の低い源流部だからこそ最小限のキープで止めておけば 釣りが継続的に楽しめます。
      石川県内 3時間以上歩いていく渓ならどこでもイワナはそれなりに釣れます、釣り人のマナーが良くなってC&Rもありますが 源流釣り師が絶滅危惧種で減ったのが 源流部でイワナが復活してきた一番の要因と思っています。
      もう年ですから目的の渓に行くのも帰って来るのもたいへんです、懸垂下降するような渓には行けませんし行ってません(30mのロープは処分しました)。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top