hera-tanishi  好奇心旺盛な多趣味人

イワナ釣り フライフィッシング テンカラ 源流キャンプ釣行
狩猟 罠(ワナ)猟 空気銃猟 エアライフル S510 CROWN
タナゴ釣り ヘラ鮒釣り 自然散策  バーディング
刃物 メカ 材料・熱処理・加工・機械系生産技術エンジニア
石川県在住 還暦超え 男性
『忘れられない程度にブログ更新します』

最近の投稿

Read Article

渓流・源流釣りの始め方【釣り糸の結び方の注意点・コツ】初心者必見:『八の字結び(エイトノット)』をオススメ

渓流・源流釣りの始め方【釣り糸の結び方の注意点・コツ】初心者必見:『八の字結び(エイトノット)』をオススメ

hera-tanishi(ヘラ-渓師)です。

釣り糸の結び方について 全く知らない初心者が最低知っておきたい 簡単な3種類の結び方

①『八の字結び(エイトノット)』

②『ユニノット』

③『外掛け結び』

とそのメリット・注意点・コツについて説明します。

釣り糸の結び方はネットに図解入りでいくらでも紹介されています 上記の名称で検索して調べて下さい。

ここでは あまり紹介されていない その結び方の『メリット・注意点・コツ』を説明します。

 

 

 

 

 

結び方に共通する基本的注意点

 

 

 

結んで『締め込む際にユックリ締め込むこと』 、これは急に締め込むと糸同士が摩擦で発熱し結び目の強度が低下するためです。

 

 

 

 

 

 

以下 3種類の結び方のメリット・注意点・コツを紹介します。

 

八の字結び(エイトノット)

 

 

 

チチワ(輪っか)を作るための結び方が八の字結びです。最も基本的な結び方です。

チチワをハリス側と道糸側に作ってつなぎますこの方法はハリス交換が素早くでき渓流釣りの基本手返しが良く』なります。また竿のへび口と道糸の接続にも使います。

また 『道糸側を二重チチワ』にしておけば、何度かハリスを交換しても道糸のチチワ部が切れることは有りません。

 

 

この八の字結びはチチワが大きくて 糸が太いと作りやすいですが、チチワが小さくなってくると 作り難くなります、このため 八の字結び用のツールが各社から発売されています。

私が今まで何種類か使ったうち 最も使い易かったのが 速攻八の字むすび】(最初の写真参照)で このツールは初心者だけでなくベテランの方にも【超オススメ】します。

よほど細糸(0.2号以下)を使わない限りMサイズ(イエロー)が良いです。

 

 

 

 

 

 

ユニノット

 

 

この結び方は毛鉤(フライフック)やルアーのようにアイ(環)があるものを接続する方法の一つです。

この結び方も最も基本的な結び方のひとつです。一般的には アイを結ぶ方法として最も簡単な方法はクリンチノット(改良型含む)ですがユニットの方が切れにくいです。

 

 

 

 

外掛け結び

 

 

 

通常の釣り針を接続する方法で最も簡単なものです。糸付き針も数多く売られていますが、釣り場で通し仕掛けの針交換等が発生した場合のためにもぜひ覚えておいて下さい。

結ぶ時のポイントは『糸を張ってやると結び易い』です。また注意点として『ハリスは針の内側から出す』ことです、外側から出すと針のタタキ(ミミ)部でハリスにキズが付き切れ易くなります。

 

 

 

 

以上
これから 渓流釣りを始める初心者で釣り糸の結び方を知らない方は 参考にして下さい。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この糸ちょっと見えにくいですね‼️でも、なんとなくわかります。ワッパが二重になってるんですね。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top

Warning: getimagesize(/home/e-wana/www/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/e-wana/www/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958