hera-tanishi  好奇心旺盛な多趣味人

イワナ釣り フライフィッシング テンカラ 源流キャンプ釣行
狩猟 罠(ワナ)猟 空気銃猟 エアライフル S510 CROWN
タナゴ釣り ヘラ鮒釣り 自然散策  バーディング
刃物 メカ 材料・熱処理・加工・機械系生産技術エンジニア
石川県在住 還暦超え 男性
『忘れられない程度にブログ更新します』

最近の投稿

Read Article

渓流釣りの始め方【テンカラ(和式毛鉤釣り)を勧める理由】

渓流釣りの始め方【テンカラ(和式毛鉤釣り)を勧める理由】

こんにちは
hera-tanishi(ヘラ-渓師)です。

渓流釣り30年以上の私が これから渓流釣りを始めたい方に 『テンカラ(和式毛鉤釣り)』を勧める理由とタックルを説明します。

渓流釣りで釣果を得るための基本

 

1.『ポイントをしらみつぶしに攻めること』⇒ 【手返しが良いこと】
・根掛り・木などの障害物に仕掛けが引っかかった時の復旧に時間がかからないこと
・藪こぎ・高巻き・ヘツリを突破するため携帯性が良い(身軽な)タックルであること

2.ポイントを理解し そこにキャストできる技術とタックルがあること

 

テンカラのメリット

餌釣り、フライ・ルアーフィッシングと比較して次のことが「メリット」です

・【手返しが良い】

・餌が不要(ミミズ・ブドウ虫・川虫・バッタ等触りたくない方)

・必要な物は竿・ライン・ハリス・毛鉤 と最もシンプルで身軽
 ⇒『最もシンプルなものは最も奥が深い』⇒いろいろな楽しみ方がある

・餌釣りより仕掛けがヘビーで長持ち、障害物に引っかかっても大丈夫

・竿は一般的には3.3m前後の振出し竿で安価

・瀬、特にチャラ瀬では毛鉤が断然有利

・日中は餌釣りより釣れる

・『毛鉤で釣れると餌で釣った時より感動が大きい』⇒ 私だけかも?

・渓流釣りのオフシーズンに毛鉤を巻くという楽しみがある(自分で毛鉤を巻く場合)

 

 

テンカラのデメリット

餌釣り、フライ・ルアーフィッシングと比較して次のことが「デメリット」です

 

・狙った所に毛鉤を打ち込めるようなるためにはキャスティングの練習が必要。

・釣る際に頭上またはバックにスペースが必要、また風の影響を受けやすい(フォローなら良いが)。

・毛鉤は水面上か水面直下にあるので底にへばりついている魚を釣ることが難しい、そのため 『ある程度 魚の活性が高くないと釣れない』。(早期の釣りは不利、虫が飛び始めてから)

・滝壺とか淵では餌釣り・ルアーの方が有利。

・釣果の安定度という点では餌釣りの方が上。

 

テンカラのタックル

 

私が紹介するのはレベルラインを使用するレベルラインテンカラです、テーパーラインを使用するテンカラも有ります。レベルラインテンカラの方がテーパーラインテンカラより新しい釣法です、また最近のテンカラはフライフィッシングの考えも取り入れ、『和洋折衷毛鉤釣り』と言えると思います。

・『竿は3m~3.6m』、 本流用に4m以上の物、小沢用に3m以下の物も有ります。テンカラ竿にはレベルライン用(6:4調子または5:5調子)、レベル・テーパー両用(7:3調子)、テーパーライン用(8:2調子)があります。 『最初の1本はレベル・テーパ両用(7:3調子)で3.3m前後、仕舞60cm以下の竿をオススメします』。 また 竿が硬過ぎるとレベルラインはキャスト為難いです。安いテンカラ竿には硬い調子の物が多いので 必ず現物で確認して下さい。また3m程度のハエ竿やグラスの渓流竿でも代替できます。

・ラインはフロローカーボンの3号~4.5号、 最初は『色付きのテンカラ専用ラインで4.5号をオススメします』。太いラインは重いのでキャスティングし易いですし 大きな毛鉤を打ち込むことが出来ます。ラインの長さは竿と同じが標準です。打ち込んだ毛鉤が見えない場合ラインの動きで当たりを判断するため色付きラインが良いです。

・ハリスは0.8号~1.2号を1~1.5m、沈む毛鉤(ウエットフライ・伝統的な毛鉤)はフロロカーボン、浮かせる毛鉤(ドライフライ)にはナイロンを使用します。沈む毛鉤が前提ですが 最初は『フロロ1号1mをオススメします』。

・毛鉤について
『釣果に関して 毛鉤の種類・色よりサイズの影響の方が大きいです』毛鉤のハリ(フック)サイズは 一般的なハリの大きさを表す『号』ではなく フライフックの表示『#(番)』が多く用いられています、フライフックは数字が大きくなるとフックサイズが小さくなります、通常の号表示とは逆なので注意して下さい。#12と#14では#14の方が小さいです。一般的には#10~#16が用いられます。『最初は#12か#14のテンカラ用毛鉤もしくはフライフィッシング用のウエットフライの市販品を購入すること』を勧めます。
簡単な毛鉤ならバイスが無くとも巻くことは可能です、テンカラに少し慣れてから自分で巻いてみれば良いと思います。

まとめ

テンカラは 最も手返しが良い釣法でタックルも最もシンプル。とても奥が深く楽しみが多い釣法です。
だからこそ『初心者にオススメします』。

タックルはテンカラ竿3.3m前後(7:3調子)、ラインはフロロ4.5号 長さは竿と同じ、ハリスはフロロ1号1mでスタート することをオススメします。

毛鉤については 最初は#12か#14の市販品のテンカラ用もしくはウエットフライを使用することをオススメします。

以上
これからテンカラを始める初心者の方は 参考にして下さい。

Return Top